washington-state-news

マリナーズ、熱戦及ばず    岩隈、敗戦に悔し涙

October 17, 2016 The North American Post Staff 0

 MLBのシアトル・マリナーズは1日、セーフコフィールドでシーズン最終シリーズとなるオークランド・アスレチック戦の第三戦に臨み、8―9の熱戦の末敗れた。シーズン終盤までプレーオフ出場を争ってきたが、敗戦により望みを絶たれた。  2001年シーズン以来途絶えているプレーオフ進出を目指し、負けられない一戦で岩隈久志投手(35)が先発。序盤に援護をもらったが、3回に崩れ、4回途中で降板。チームは粘りを見せて追いついたが、延長戦の末敗れた。  シーズン最終登板の岩隈投手は、「絶対勝つ」との強い気持ちを持ってマウンドに上がったが、つらい結果となった。「気合と空回り、力んでしまい真ん中にボールが集まってしまった。チームに申し訳ない気持ちです」と話し、悔し涙を見せた。  マリナーズでの5シーズン目は16勝12敗で防御率4・12。チーム最多となる33試合先発、199イニング登板でチームを支えた。「ローテーションを守るというのが大きな目標」だったが、「けがなくやれたのは大きな自信になった」と振り返った。  「最終的にはプレーオフを逃してしまったが、みんなとチーム一丸となって大事な試合を戦えたことは良かった」とし、「この悔しさをバネにまたひとつ大きく成長していきたい」と語った。   マリナーズは翌2日も敗戦、86勝76敗で終え、プレーオフまで3勝足りなかった。チームは一時の低迷から着実に復調を見せ、プレーオフ進出を狙えるチームに変わりつつある。一方でプレイオフ未進出はリーグで最も長い15年連続となった。  今シーズン加入の青木宣親選手は118試合に出場、打率・283、4本塁打、28打点。2度のマイナー落ちもあり、序盤は苦しんだシーズンだが、緊迫した後半戦に活躍を見せた。試合後には、「負けてしまったのは仕方ないので、この経験を生かしてまた来年誇りを持ってしっかり頑張っていきたい」と前向きな気持ちを語った。   (松井 貴海)

washington-state-news-290x160

渡嘉敷選手、プレーオフへ弾み シーズン最終戦攻守共に大活躍

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

 WNBAシアトル・ストームは16日、キーアリーナでレギュラーシーズン最終戦シカゴ・スカイ戦を88―75で勝利。リーグ7位でのプレーオフ行きが確定した。渡嘉敷来夢選手は14得点を挙げ、守備でも貢献する活躍を見せた。  渡嘉敷選手は第1クォーターに途中交代で入ると、アグレッシブなドライブで得点を決め、得点とファールをもらうカウントで3点を決め、さらに1分以内に得点を追加した。ディフェンスでは相手からファールをもらうチャージングを2回誘った。「いつも通りやることをやりました」と試合後は淡々と答えたが、リオ五輪後はプレー時間も伸び、成績も上昇しており好調を維持している。  2年目のシーズンは31試合に出場、1試合平均出場時間は13分、5・3得点、2・5リバウンド。レギュラーとなった昨シーズンとは立場がやや異なるが、チーム内での役割を実感しながら初のプレーオフに臨む。  プレーオフ第一ラウンドは21日に行われ、敵地アトランタでアトランタ・ドリームと対戦する。第一、第二ラウンドは一試合勝者勝ち上がりのシステムとなる。   (松井 貴海)

washington-state-news

五輪リオ大会終了 日本メダル41個獲得 印象残る記録多く

September 14, 2016 The North American Post Staff 0

 8月5日から21日にかけてブラジル・リオデジャネイロで夏季五輪が開かれた。日本は金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル12個の41個のメダルを獲得、同大会参加国207カ国中6位の高順位だった。萩野公介選手が水泳男子400㍍個人メドレーで金メダル、内村航平選手、白井健三選手率いる体操競技男子団体も金メダルと輝かしい結果を残している。  その中でも今回の五輪では、日本初さらにはアジア初となる記録も生まれた。女子レスリングでは伊調馨選手が58㌔級で女子初の4連覇を達成。卓球男子ではエース水谷隼選手が日本人初の銅メダルを獲得。そして、陸上の男子400㍍リレーでは、山県亮太選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手が日本アジア初となる37秒60を叩き出し、08年の北京大会の銅メダルを上回る、初の銀メダルを獲得した。記録も国別の記録で世界3位と驚異的な数字だった。  また日本初ではないが、錦織圭選手が男子テニスにおいて96年ぶりとなるメダルを獲得した。12分間に及ぶトイレットブレークも、巌流島の宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が例えられるなど話題となった。女子バスケットボールは、シアトル・ストームに所属する渡嘉敷来夢選手を中心に奮闘。メダル獲得には至らなかったが、格上のブラジル、ベラルーシ、フランスを破り、20年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。  日系選手は開催国ブラジルのアルトゥール・オカヤマ・マリアーノ選手が体操の男子種目別床運動で銅メダル獲得、ポリアナ・オキモト選手が水泳オープンウォーター女子10㌔で銅メダルを獲得と活躍した。  次回の夏季五輪は2020年の東京大会。日本での開催ということもあり、当地からの注目、期待も高まりそうだ。        (松井 貴海)

%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%80%80%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88

ジャパンフェア2016 会場大盛況、大成功の1年目 シアトルストームジャパンナイト 渡嘉敷選手を応援 レインFC、宇津木選手も参加

September 9, 2016 The North American Post Staff 0

女子バスケットボールのシアトル・ストームが8月31日、2年連続となるジャパンナイトを開催。ハーフタイムに和太鼓演奏、試合後に所属する渡嘉敷来夢選手との交流会が行われるなどファンを楽しませた。  ダラス・ウィングスとの試合は78―66で勝利。渡嘉敷選手は2得点だった。試合前には渡嘉敷選手の映像が流れ、観客から大きな歓声が起きた。和太鼓団のちきりと太鼓の学校によるハーフタイム演奏、試合後には約200人のファンが渡嘉敷選手と交流した。女子サッカーのシアトル・レインFCから宇津木瑠美選手もゲスト参加した。  渡嘉敷選手、宇津木選手への質問は次の通り。 ―日本とアメリカとのスポーツの違いは何ですか? 宇津木:「米国はやはりスポーツ大国ということもあり、スポーツに対しての雰囲気が日本とだいぶ違うのと、観客の数が段違いで多いように感じます」 渡嘉敷:「宇津木選手に付け足して、米国でプレーするときは、いつもフィジカルの違いを思い知らされます。米国で活躍するには、とにかくフィジカルの強化が必要」 ―東京五輪についてどう考えていますか? 宇津木:「日本開催ということで、とても盛り上がると思う。個人的に私も4歳若ければ」 渡嘉敷:「リオ五輪前にメダルを取ってくると約束したが今大会では取れなかったので、東京五輪では絶対に取ってみせますので応援よろしくお願いします」  この他にもいくつか質問に回答、普段聞くことができないプレー以外の話が聞け、会場は終始和やかな雰囲気だった。  ストームの地元試合は、11日、18日の午後4時からで、プレーオフも視野に入れる。レインFCは11日午後7時がシーズン地元最終戦となる。    (松井 貴海)

okk4

沖縄県人会 鼓衆、当地で活躍 「エイサー」の掛け声とともに

 シアトルも毎年の恒例行事、夏祭りの開催が集中する季節を迎えた。屋台や盆踊りなど、さまざまな訪問客が集まる各地域のイベントでダイナミックな演奏を見せる太鼓集団がある。独特の穏やかさと迫力の緩急を持つ琉球芸能を披露する沖縄県人会太鼓クラブは結成9年目。今年7月からは沖縄の浦添市を拠点に置き、県外や海外でも活躍する親団体「鼓衆 若太陽(ちじんしゅう わかてぃーだ)」の名前をとって「沖縄県人会 鼓衆」となった。

1 2 3 8