rozome

細田あずみさん講演 ろう染伝統文化紹介

October 17, 2016 The North American Post Staff 0

シアトル・アジア美術館が行う講演シリーズで15日、ろう染作家の細田あずみさんが自身の作品とともに日本の染めの伝統文化を紹介した。   当日は染めの歴史や工程を紹介。ボランティアが舞台に立ち、細田さんの作品を披露した。タコや建物など斬新なイメージを取り入れた作品に出席者は大いに興味を引かれたようだった。細田さんは、「伝統的な染めの世界では、女性作家はまだまだ少ない」と話す。長く閉塞感のあった伝統文化の世界で、着物の海外進出と合わせ、新たな可能性を模索する。  細田さんの作品は地元ギャラリーのKOBOでも展示された。  シアトル・アジア美術館は来年春から約18カ月の増設、改築工事のため閉鎖される。現在の建物は1931年にシアトル美術館として開館。同館が1991年にダウンタウンに移転後、94年にアジア美術館として開館し、現在に至る。  (記事・写真  = 佐々木 志峰)

jas-roundtable-t

第2回ビジネス・ラウンドテーブル 日米、女性の社会進出の推進

October 17, 2016 The North American Post Staff 0

日米の女性の社会的地位向上を考えるパネルディスカッションが9月21日、ベルビュー市舎で開催された。現代社会の中で日々女性が直面している課題について協議し、女性の活躍促進の支援をテーマに意見交換が行われた。  基礎講演者はプルデンシャル・ファイシャル社の法令順守担当兼ヴァイス・プレジデントのローヤン・K・ドイ氏。ビル&メリンダ・ゲイツ財団のジル・ニシ氏が司会を担当、パネリストにはマイクロソフト社のウィンドウズデバイス販売担当部長のマーガレットアラカワ氏、マイクロソフト本部長ティサ・ジャクソン氏、東レコンポジット米国副社長で最高技術責任者の小田切信之氏が参加した。  ワ州日米協会とシアトル日本商工会によるイベントで、昨年3月に開催された同様のテーマで第二回目の開催となる。日米両国の抱える課題や、女性の職場進出とワシントン州の経済成長の関係性、女性の出産後の社会復帰の日米間の違いや、日本における男性の仕事と子育ての両立についてなどが語られた。現在日本で話題となる育児に積極的にかかわる男性を指す「イクメン」という新しい言葉にも触れられた。  ドイ氏は昔と現在の日本社会における女性に対する扱いや、女性の社会復帰に関する男性による思い違いについて語った。女性は子供を持つことで退社、家庭に入るべきと考え、女性も同様の考えがあると思われがちだが、実際は社会復帰を望む女性が7割を超えており、日本の男性はこの違いを理解するべきと語った。また最近日本に訪れて良くなった点として、男性雑誌コーナーに車、カメラ、写真集の中に新しく「イクメンコーナー」が置かれているのを目にし、着々と女性への理解が深まっているとも話した。  アラカワ氏は家事と仕事の両立、夫の子育て支援について自身の生活ライフを話し、会場は終始和やかなムードだった。まだまだ改善点はあるが、日本において着々と女性の社会進出と女性への理解が進んでいるように見えた。        (松井 貴海)

washington-state-news

マリナーズ、熱戦及ばず    岩隈、敗戦に悔し涙

October 17, 2016 The North American Post Staff 0

 MLBのシアトル・マリナーズは1日、セーフコフィールドでシーズン最終シリーズとなるオークランド・アスレチック戦の第三戦に臨み、8―9の熱戦の末敗れた。シーズン終盤までプレーオフ出場を争ってきたが、敗戦により望みを絶たれた。  2001年シーズン以来途絶えているプレーオフ進出を目指し、負けられない一戦で岩隈久志投手(35)が先発。序盤に援護をもらったが、3回に崩れ、4回途中で降板。チームは粘りを見せて追いついたが、延長戦の末敗れた。  シーズン最終登板の岩隈投手は、「絶対勝つ」との強い気持ちを持ってマウンドに上がったが、つらい結果となった。「気合と空回り、力んでしまい真ん中にボールが集まってしまった。チームに申し訳ない気持ちです」と話し、悔し涙を見せた。  マリナーズでの5シーズン目は16勝12敗で防御率4・12。チーム最多となる33試合先発、199イニング登板でチームを支えた。「ローテーションを守るというのが大きな目標」だったが、「けがなくやれたのは大きな自信になった」と振り返った。  「最終的にはプレーオフを逃してしまったが、みんなとチーム一丸となって大事な試合を戦えたことは良かった」とし、「この悔しさをバネにまたひとつ大きく成長していきたい」と語った。   マリナーズは翌2日も敗戦、86勝76敗で終え、プレーオフまで3勝足りなかった。チームは一時の低迷から着実に復調を見せ、プレーオフ進出を狙えるチームに変わりつつある。一方でプレイオフ未進出はリーグで最も長い15年連続となった。  今シーズン加入の青木宣親選手は118試合に出場、打率・283、4本塁打、28打点。2度のマイナー落ちもあり、序盤は苦しんだシーズンだが、緊迫した後半戦に活躍を見せた。試合後には、「負けてしまったのは仕方ないので、この経験を生かしてまた来年誇りを持ってしっかり頑張っていきたい」と前向きな気持ちを語った。   (松井 貴海)

washington-state-news-290x160

シアトル図書館

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

様々な団体、ビジネスでリーダーシップとともに活躍を見せる三世世代。シアトル公立図書館のテレサ・フジワラ会長もその1人だ。  コロンビアシティーの図書館近くで育った幼少時。「ロールモデル」と話す母親と毎週図書館に通った。2人で大量の本を借り、読書を楽しんだ。当時から培われた「読」の力と社会正義への認識。「最も民主的な場」と語る図書館での経験は、アジア太平洋系社会の支援団体、ACRSの発足に携わるなど、現在までのコミュニティー活動にも生きている。  図書館は「本」以上の意味を持つという。テクノロジーが発展し、本やメディアなどを探すのは容易となった。だが「コミュニティーの集まる場」という存在で変わることはない。高齢者にはコンピューターの指導、子供にはストーリータイム、小さなビジネスを営む人々へのワークショップ、移民者への生活のすすめ――。「図書館は地域コミュニティーの鏡となり、反映されたもの」と話す。  地元団体、機関との交流や提携も積極的に行われている。シアトル交響楽団の公開演奏、シアトル・シーホークスの地元試合ではパブリックビューイングも行った。  フジワラ会長は2010年に理事会に選出された。会長は2年目、任期は今年までとなる。図書館の今後として、自らが思い描く企画は数多く、自身をはじめとしたマイノリティー社会の資料貯蔵もその1つだ。ワ州日本文化センターなどとも提携し、一般市民が各マイノリティーの歴史、経験に「容易にアクセスし、学ぶ機会」を増やしたいという。本についても、地元作家に焦点をあて、「コミュニティーが生んだ作家たちに誇りを持ち続けることができるようにしたい」と話す。  現在、フジワラ会長ら役員を中心に、会員増加のキャンペーンを行っている。昨年の同時期、9月の1カ月で1万人増を達成した。今年はさらなる成果を見込んでいる。  現在、図書館カードの所持者は37万5千人以上という。シアトル市、キング郡の人口から見た場合、この数字はどのようなものだろうか。フジワラ会長は「まだまだ少ない。シアトル市民全員にカードを持ってもらいたい」と話す。  詳細は(206)386―4636、もしくはwww.spl.orgまで。     (佐々木 志峰)

washington-state-news-290x160

渡嘉敷選手、プレーオフへ弾み シーズン最終戦攻守共に大活躍

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

 WNBAシアトル・ストームは16日、キーアリーナでレギュラーシーズン最終戦シカゴ・スカイ戦を88―75で勝利。リーグ7位でのプレーオフ行きが確定した。渡嘉敷来夢選手は14得点を挙げ、守備でも貢献する活躍を見せた。  渡嘉敷選手は第1クォーターに途中交代で入ると、アグレッシブなドライブで得点を決め、得点とファールをもらうカウントで3点を決め、さらに1分以内に得点を追加した。ディフェンスでは相手からファールをもらうチャージングを2回誘った。「いつも通りやることをやりました」と試合後は淡々と答えたが、リオ五輪後はプレー時間も伸び、成績も上昇しており好調を維持している。  2年目のシーズンは31試合に出場、1試合平均出場時間は13分、5・3得点、2・5リバウンド。レギュラーとなった昨シーズンとは立場がやや異なるが、チーム内での役割を実感しながら初のプレーオフに臨む。  プレーオフ第一ラウンドは21日に行われ、敵地アトランタでアトランタ・ドリームと対戦する。第一、第二ラウンドは一試合勝者勝ち上がりのシステムとなる。   (松井 貴海)

motomatsu

日米同盟の支え、さらに深化 合同軍事演習参加者を激励 過去と現在、繋がり結ぶ

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

毎年ワシントン州のヤキマ演習場で行われる日米合同軍事演習「ライジングサンダー」に参加する陸上自衛隊と米陸軍関係者を招待しての歓迎、激励会が17日、NVC記念会館で開かれた。二世復員軍人会とワ州日米協会のプログラムで、大村総領事、ボブ・ハセガワ州上院議員ら地元関係者を合わせ、約150人が出席した。  合同演習は9月上旬に始まり、数週間にわたり、総合訓練をはじめ、日米の軍事交流が行われる。地元社会との交流もプログラムの一環となり、2013年以降、日系社会による歓迎会も実施されている。当日は、二世復員関係者も出席、過去と現在を結び日米同盟に至る繋がりを改めて認識しあった。  今演習の指揮を執る陸上自衛隊西部方面第8師団長の本松敬史陸相は「日系のベテランの方々は、時代の流れで様々なご労苦を経験され今に至っていると認識し、日本人はその事実をよく認識しております」とあいさつ。また日米同盟を根幹とするヤキマ演習を通じ、アジア太平洋地域での平和維持の意志を強く発信したいと述べた。昼食会の前には同会館にある日系人記念壁、資料館、建物を通じ、日系人の経験について紹介を受けた。  日米関係者は官民様々なレベルでの交流で友好を深め合っているが、軍事関係者間でも同様の試みが続けられている。米国笹川平和財団による「Japam US Military Program (JUMP)」では、過去に日本に駐留経験のある軍関係者や家族とのネットワーク作りを図り、日米関係における新たな「橋」作りを行っている。  同財団のデニス・ブレア会長兼CEOは、暗い過去の歴史と、平和、繁栄、協調、同盟の現在がある日米関係において、次世代のために友好維持の努力を続ける必要があると述べた。  ワ州日米協会のテイ・ヨシタニ会長は、日本占領期に二世の両親に日本で生まれ育ったことを明かす。米軍兵から菓子をもらったこと、その10数年後に米国で陸軍士官学校に入り、少尉としてベトナム戦争に従軍した。「私は一世であり、三世でもあります。また退役軍人です」と語り、過去と現在における日米のつながりの間に自らがあることを紹介。「日米関係がどれだけ深まってきたか。私自身も大変誇りに思っています」と続けた。  合同軍事演習ライジングサンダーは今年で23年目を迎える。陸上自衛隊は310人が参加。広さに限界のある日本の演習場では試すことのできない兵器を用いた訓練を実施。後半には日米両軍による総合訓練が行われ、大村昌弘総領事も視察する意向を見せている。   (記事・写真 =    佐々木 志峰) 17日のコミュニティー昼食会であいさつする陸上自衛隊の本松陸相。

washington-state-news

シアトル石垣プロジェクト 3

September 14, 2016 The North American Post Staff 0

 僕は結構早くから、自分の役割は「情熱馬鹿(Passionate fool)」であることに気がついて、それに専念した。これはそうしようと思ってやったのではないのだが、どうも僕が情熱的に人に石垣プロジェクトの事を話すと、「ああ、頼りなくて見てられないから、いいよ。じゃあ、これは私がやっといてあげるよ」とか、「能力が情熱についていっていないね明らかに。しょうがない、このことは任せておいて」と言う風に人が手伝ってくれるのであった。能力がないから得した珍しい例ではなかろうか。  窪田ガーデン理事長のジョイ・オカザキも資金集め等で「情熱馬鹿」が必要なときは連絡してきて、「ほれ、お前の得意なあれやれ」と僕に話をさせてくれるのであった。  おかげで、いろいろな人たちに会い、いろいろな集まりやパーティーにも行った。シアトルの市長にも会い、日本領事ともお話ししたし、有名無名の資産家達にも会った。ともかく話を聞いてくれそうな人がいると訪ねていって話した。 ◇ ◇ ◇  日本の伝統的な石割の道具である「飛び矢」という鉄製の楔を使って1㌧の石を割ってみた。他にもっと簡単で手間がかからない石の割り方があるのだが、「飛び矢」はワークショップで使うので、慣れておかなければならなかった。ビギナーズラックで初めて試したときに上手くいき、興奮して有頂天になって割った写真を沢山撮ると色々な人に送った。  その写真と熱にうなされたかのような熱い文が、シアトル・タイムズ紙のアラン・バーナーという記者のデスクにたどり着いた。アランはすぐに電話してきて、取材をしていった。それがローカル欄の一面に載った。載ったその日に招かれていたパーティーに行ったら、知らない人から知らない人に紹介されるというなんともシュールな経験をした。それは、朝新聞を見た人が僕に気がついて、自分の奥さんとか知人にこう紹介するのだ。「ほら、この人が新聞に載ってたローカルアーティストだよ。ああ、こんにちわ、これがうちの家内のジェーンです。よろしく」といった具合であった。  日系の小柄なおじいさんがすすっと寄ってきて「もう声聞いた?彼らはもう話してきたかい?」といきなり聞いてきた。  「はっ?誰がですか?」  「彼等だよ。やっぱりアメリカの石だから英語で話すの?」  これは僕が新聞のインタビューのときに、 「粟田家の人たち位になると石の声が聞こえるそうですよ」とか何とか言ったのを覚えていたらしかった。  「ああ、まさか、僕にはまだまだ話してきてくれないですよ。何語でも」  小柄なおじいさんと二人で大笑いしてしまった。  流石に高年齢の方達ばかりだったが、まだ新聞を読んでいる人たちがこんなにいるんだな、と感心したのを覚えている。 ◇ ◇ ◇  ゲリー・トンプセンというドキュメンタリー・メーカーの人も知人の伝をつたってこのワークショップの事を知り、ドキュメンタリー用のビデオを撮ってくれる事になった。まだ資金のことはまったく考えてもいなかったのだが(当たり前にあてもまだなかった)、ゲリーは、「いいよ、お金は出来たときで」、と言ってくれた(ワークショップから10カ月後に資金が手に入る事になる。それまでゲリーはただ働きだった)。  ゲリーは資金集めなどでみせる短いプロモーションビデオを何本か撮ってくれた。もちろん、言いだしっぺの僕がメインに登場するビデオなのである。僕も人前で宣伝とかあまり得意ではないのだが、この際構わなかった。自分の切り売りでも身売りでもなんでもドンと来い、そういう感じだった。  そんな事を2年近くも続けた。  そして、2014年。  夏。  とうとうワークショップが現実したのであった。 (続く) (児嶋 健太郎)

washington-state-news

レストランの形

September 14, 2016 The North American Post Staff 0

本紙で紹介している寿司カシバに先日、写真撮影で足を運んだ。開店前の準備段階、あわただしいなかにも料理人、サーバーを含め、知人が何人かいた。人気、価格と敷居の高いレストランながら親しみを覚えつつ、新しいレストランとしての形も垣間見ることができた。  パートナーの1人で、入り口でドアマンを務める高橋進さんは、店前に列を作る客、店に入る客と、これからレストランという空間を真に楽しめるような気遣いをする。席を立ち、退店する客も同様で、最後まで気分良く過ごせるよう、また多少でも気分を害した場合、ドアから出る際に少しでも解消できるような「おもてなし」の心を提供する。   月に2度、お通しが変わる前、サーバーへの試食の時間がある。味、材料、すべてを理解し、客に説明できるようにするのだという。日本食や文化の深さを学ぶ機会として、従業員にとって楽しみな時間というが、「学びの時間」の表情は真剣そのものだった。  テクノロジーを含め、デジタル、モバイルの影響で、生活、住居環境は大きく変わった。レストランの形態も大きく変わっているのだろう。簡単、気軽に食せるデリ風、あるいは家庭風の店と、料理を含め空間と経験を楽しんでもらう高級店。今後、二極化はさらに強まるのかもしれないが、いずれにしても鍵となるのは、清潔さを含め、サービスの部分かもしれない。  本紙英語面では、2週間に1度、宇和島屋シアトル店の試食デモのレシピを紹介している。試食デモは長く続けられており、販促もあるが、家庭での料理の機会を増やしたいとの考えがあるという。  テレビの料理番組のみならず、ネットで一般レシピ、アイデア料理を普通に見ることができる時代だ。ある程度のレベルであれば、あらゆる料理を自宅で作ることができ、「この味」を食べるため、レストランである必要はなくなった。レストランというビジネス自体も以前と同じようにはいかない時代で、料理、食事面だけでなく、様々な部分で工夫しなければならないのだろう。  インターナショナル・ディストリクトにも新たな風が入り、新店舗を目にする。地域の風土や文化に合わせたビジネスとして注視したい。    (佐々木 志峰)

washington-state-news

五輪リオ大会終了 日本メダル41個獲得 印象残る記録多く

September 14, 2016 The North American Post Staff 0

 8月5日から21日にかけてブラジル・リオデジャネイロで夏季五輪が開かれた。日本は金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル12個の41個のメダルを獲得、同大会参加国207カ国中6位の高順位だった。萩野公介選手が水泳男子400㍍個人メドレーで金メダル、内村航平選手、白井健三選手率いる体操競技男子団体も金メダルと輝かしい結果を残している。  その中でも今回の五輪では、日本初さらにはアジア初となる記録も生まれた。女子レスリングでは伊調馨選手が58㌔級で女子初の4連覇を達成。卓球男子ではエース水谷隼選手が日本人初の銅メダルを獲得。そして、陸上の男子400㍍リレーでは、山県亮太選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手が日本アジア初となる37秒60を叩き出し、08年の北京大会の銅メダルを上回る、初の銀メダルを獲得した。記録も国別の記録で世界3位と驚異的な数字だった。  また日本初ではないが、錦織圭選手が男子テニスにおいて96年ぶりとなるメダルを獲得した。12分間に及ぶトイレットブレークも、巌流島の宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が例えられるなど話題となった。女子バスケットボールは、シアトル・ストームに所属する渡嘉敷来夢選手を中心に奮闘。メダル獲得には至らなかったが、格上のブラジル、ベラルーシ、フランスを破り、20年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。  日系選手は開催国ブラジルのアルトゥール・オカヤマ・マリアーノ選手が体操の男子種目別床運動で銅メダル獲得、ポリアナ・オキモト選手が水泳オープンウォーター女子10㌔で銅メダルを獲得と活躍した。  次回の夏季五輪は2020年の東京大会。日本での開催ということもあり、当地からの注目、期待も高まりそうだ。        (松井 貴海)

1 2 3 24