washington-state-news

シアトル石垣プロジェクト 1

September 14, 2016 The North American Post Staff 0

「カイル、お前酔っ払ってるから運転しちゃダメ」  カイルは文句ありげに顔を上げると、「エェー…オォーー…だってブツブツブツ(文句を言っている)。じゃあ、トラック行ってくる」と言った。  「運転しちゃダメだよ」  「帰ってくるって」  そう言うと、彼は重そうなブーツをドカドカと鳴らしながらフラフラと家を出て自分のトラックの方に行ってしまった。  しばらくして帰ってくると、手に大きな鉄のランチボックスのようなものを持ってきた。それを家の裏庭のデッキのテーブルにドンと置いた。  不思議に思い、 「何これ、カイル?」と聞くと、 「強いやつ淹れるんだ」と、フラフラとバーナーだのカップだのを取り出し始めた。  見ているといい香りがしてきて、彼はささっと手際よくエスプレッソを何杯も淹れ始めた。明日も作業がある、夜中の12時過ぎである。僕の周りにいた石工たちも、「おお、ありがたい」とか言って集まってきてエスプレッソの小さなカップを持つと、美味しそうに一気飲みするのである。  カイルも二杯くらい飲むと幸せそうな表情になるのだった。  思わず、「あんたらやっぱどっかおかしいよ」と感心してしまった。  「じゃあ、がんばってください。僕は寝ます。おやすみ」――。僕は呆れたまま寝室に引っ込んだ。  夜中の3時頃にマットが目を覚ますと、カイルは庭の芝生の真ん中でタオルを巻いて寝ていたという。「しょーがねーなー、おら、カイル、部屋に入れ。ほら」といってカイルを室内に連れてくるのに成功したが、1時間もしないうちにまた外に寝に行ってしまったそうである。  野生人というより、野生動物に近い感じがした。(後で聞くと、カイルは他の野郎達のいびきがうるさかったから、と結構繊細なことを言うのであった) ◇ ◇ ◇  粟田建設の会長と社長に出会ってから4年。やっとのことで、シアトルで石垣を建設する段取りが整った。  社長達に出会ったのは、ベンチュラというロサンゼルスから一時間半くらい南にある海岸沿いの町だった。2010年春、そこで小さな石垣を建てようというワークショップがあり、僕はそれに参加していた。  ところがこのワークショップのオーガナイザーの爺様がとても頼りのない人で、日本勢を招くだけ招いて自分はさっさと傍観を決め込んだのだった。だから、通訳も、ガイドも、運転手も、オーガナイザーも誰もいなくても、そんなのどこ吹く風で、「ああ、それは大変だ」とまったく他人事かのように構えているのであった。だから、日本語が話せる僕がなんとなくそうしたこと全てをやることになってしまったのである。  しかし、僕にとってはかけがえのない経験になった。社長たちの日本語による説明を訳して、色々お話しているうちに、この人たちはすごい人たちだ、ということが分かった。粟田家二代前の粟田万喜三と先代(十四代目)の粟田純司はともに人間国宝である、只者ではない家系なのであった。  石垣の作業を手伝っているとき、「これはシアトルでやらないと」、と思いついて、シアトルに帰ってきた後もずっとそのことを考えていた。  さて、どこか石垣を建てさせてくれるような所はないだろうか? 資金はどうする? ワークショップの形は? 人数は? 問題はいろいろあった。  唯一問題でなかったのは、石だった。それは、単純に僕が石屋で働いているからであった。後は、とにかく当たってみないことにはどうにもならない。とりあえず、片っ端からあたってみることにした。  日系企業はよさそうに見えてなかなか難しかった。というのも、例えば一つの会社の敷地内に石垣を建ててしまったら、完成した後にそれが私物になってしまって、僕のやろうとしていることの精神と食い違ってしまうことになる。それと、もし、資金源が一つとか二つとか少なかったら、なんとなくそのお金を用意してくれた人、又は組織なり団体なりに依存する形になってしまうのでこれも又困る。  そんな訳で2010年の冬には、とうとう行き詰ってしまったのである。 […]

washington-state-news

旅行シーズンのガソリン シアトルは2・70㌦強

 全米自動車協会(AAA)によると、全米平均のガソリン価格は7月20日段階でレギュラー1ガロンで2・194㌦。18日の報告によると、過去36日中35日で価格が下がり、7月時において2004年以来の低価格となった。1年前よりも平均で55㌣安く、旅行シーズンの最盛期となる夏時期に多くの長距離旅行を促すことになりそうだ。

washington-state-news

マイノリティーに負担大 シアトル就労調査結果

シアトル市は19日、市内にある小売店と食品業界の就労スケジュールに関する独自調査を発表した。調査結果は今年の5月に市議会とエド・マレー市長によって調査機関に委託された。様々な業種の就業者や経営者からの回答を受け、就労スケジュール問題、シフトの間の休憩時間、事前のシフト変更など幅広い結果が集約されている。発表はサービス業界の就労者と経営者にとって、より持続的な就業スケジュールを構築することを目的としている。

washington-state-news

市人権委員会声明 社会全体で差別撤廃を

シアトル市の人権委員会は12日、今月上旬に発生した警察官による射殺事件と市民抗議を受けての声明を発表した。ルイジアナ州バトンルージュでは黒人男性アルトン・スターリング氏、ミネソタ州ファイルコンハイツではフィランド・カスティロ氏の2人が警察官によって射殺された。

washington-state-news

日本、国立西洋美術館 新たに世界遺産登録へ

日本政府は17日、東京上野にある国立西洋美術館がユネスコ世界遺産に登録される見通しとなったことを発表した。諮問機関からの評価を受け、7月10日からトルコのイスタンブールで行われる第40回世界遺産委員会で最終的な記載可否が決定する。  同美術館は、ル・コルビュジエ氏(1887~1965)が建築。日本を含む7カ国が同氏の17資産を一括し、「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」と題して共同推薦を行ってきた。  ユネスコの世界遺産登録は、2013年富士山、14年富岡製糸場と絹産業遺産群、15年に明治日本の産業革命遺産(製鉄・製鋼、造船、石炭産業)が文化遺産として登録され、国立西洋美術館の載が決定されれば4年連続20か所目の登録となる。東京都内では初めて。  現在暫定リスト候補の内、福岡県の宗像・沖ノ島と関連遺産群については来年第41回世界遺産委員会で登録が審議される予定。     (N・A・P)

furusawa consul general

オレゴンからの声 コミュニティー代表者に聞く

ノースウエストの一角として、ワシントン州に隣接するオレゴン州。ポートランドは当地と並ぶノースウエストの中心都市で、近年は日本からの注目も高まっているという。オレゴン州は林業やコンピューター関連で日本とビジネス関係を築き、日本文化の浸透度、理解度も高いといわれている。3年弱にわたり任期を務めてきた在ポートランド日本領事事務所の古澤洋志前総領事(取材当時総領事、3月離任)に話を聞いてみた。 領事事務所となって久しいですが、管轄区における業務内容に変化はありますでしょうか。  事務所にかんしては、スタッフ、オフィススペースが半減、総領事公邸もカットとなりましたが、オレゴン州を見てみますと、3年前から企業数、邦人数を比べると増えています。  2015年10月で企業数は135になりました。これは2012年時から38プラスです。オレゴン州民の雇用者数は7585人ということで2638人増えています。邦人数もそれに合わせて増えています。  経済活動も日本とオレゴンの間で盛んで、文化活動や学生数も比例して増えています。   日本からオレゴン州の注目が高いと聞きます。こうした要因はどこにあるとお考えでしょうか。  ひとつはオレゴン州政府やオレゴン日米協会などが集まり、日本で毎年、「Doing Business in Oregon」と称して企業セミナーを行っています。今年は6月にJETROや日刊工業新聞、米国大使館などと共催して日本で中小企業を中心に誘致活動をします。こうした活動が徐々に浸透しています。  日本では昨今、ノシアトルを含めて、ノースウエストの環境、治安など住みやすい好条件が見直されているところだと思います。労働の質もあるかと思います。  ポートランドは日本のメディアで取り上げられ、注目度の高い街になっており、環境都市、コンパクトシティーといった名前で呼ばれ、注目を集めています。日本の都市計画課や建築家、大手の不動産会社が、ポートランドから学ぶことはないか、訪れているようです。 日本文化の理解も深く、特に人口当たりの日本語学習者数が高いと聞きます。  日本語学習者数の比率はハワイに次いで全米で2番目です。一般の米国市民が日本語を勉強している部分では、普段街を歩いていて日本語を理解する市民によく出会うというのがこの州の特徴で、日本語が浸透しているのだと実感します。 州内では小、中、高、大の48教育機関が日本語を教えているわけですが、任期の間に各学校に足を運んで総領事表彰を学長に渡しました。  これは私の1つの仕事の柱としてやらせていただきました。日本語のクラスが私立学校をはじめ各地で消滅していると聞きますが、今も維持して教えてくれている学校を配慮することは、日米関係の上でも良いことだと思っています。  イマージョン学校は小、中、高とあります。先生方の熱意に感銘を受けました。 他州も赴任されておりますが、日系、日本文化などオレゴン州ならではという点はありますか。  今まで赴任先は大都市でしたが、ポートランドは中都市で、シアトルに比べても小さいです。しかし、それなりにまとまりがあり、街を動かす人の顔が見えやすいです。市長、知事、経済界のトップと会う機会があり、時間的な余裕もあり、一対一で会って話す機会も多く、非常に仕事のしやすいところだと思います。  また親日的な土地柄も、生活をすればするほど実感します。市民が多く日本語を学んでいることも要因だと思いますが、過去に優れた政治的指導者がいて、日本企業をオレゴン州に入りやすいように様々な配慮をしてくれました。  そうした先駆者に加え、その前には日系人が重要な役割を果たしました。農業などでは、苦しい時を乗り越えて、一生懸命改良を重ねて良い仕事をしてきたことで認められ、主流社会の人たちに浸透し、日本人に対する意識が変わってきたこともあると思います。 日系人社会との交流はどういったものが印象にありますか  当地には日系人の団体が3、4ありまして、他の西海岸に比べれば小ぶりな団体ですが、皆さん一生懸命活動されています。米国人ではありますが、ルーツは日本ということで日本政府は見放すことはしません。領事館として、日系人との関係は緊密に維持しています。 東日本大震災から5周年、当地からの被災地への復興支援活動について。 […]

1 2 3 10