washington-state-news

一石 ポケモン

 誠に失礼だが、普段あまり歩くところを見たことがない近所住人が、犬の散歩をしている。そのあとには自転車、やがてキックボードを駆り家を出ては戻ってくる。きょうだいで笑顔で家前の道路でスマートフォンを構えている。  大ヒットとなっているモバイルゲーム「ポケモンGO」。メディアの扱いも連日大きく、良し悪し様々な話題を提供している。

washington-state-news

G7サミット、地元テレビで特集 NHK英語放送で特別番組編成

今月末に三重県の伊勢志摩で開かれる第42回G7主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が、地元放送局の特別プログラムで配信されることになった。英語番組NHKワールドを配信するタコマのKBTC局で午後6時から30分番組「NHK ニュースライン」が特別番組を組み、5月23日から27日にかけて放送する。  KBTCは3月22日からNHKワールドの24時間配信を行っている。番組では30分の間に主要国首脳の会議で議論される国際、環境、社会問題や経済、貿易、外交に関する分析、ニュースが紹介される。  チャンネルはKBTC28・1、KCKA15・1、コムキャスト12、コムキャストHD108。  伊勢志摩サミットは8年前の洞爺湖サミット以来となるアジアでの開催となる。参加国はホスト国の日本に加え、米国、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、EU(欧州連合)。  KBTCはタコマ、シアトルを中心にカナダ国境からワ州南部までサービスを展開。同地域で430万人の視聴者層を抱える。24時間放送のNHKワールドはKBTC28・2、KCKA15・2、コムキャストHD115で見ることができる。  NHKワールドに関する情報は、www3.nhk.or.jp/nhkworld、KBTC局に関しては、www.kbtc.orgまで。       (N・A・P)

News-JPG

ボーイング777X、日本企業5社と正式契約

主要構造の21%を製造分担 ボーイング社による新型旅客機「777X」の開発、製造にあたり23日、日本の機体主要パートナー企業5社と正式契約が調印された。  契約はボーイング社と三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業、日本飛行機が参加する日本航空機関開発協会で結ばれた。昨年に合意された覚書(MOA)では、胴体、中央翼、圧力隔壁、主脚格納部結合、客室扉、貨物室扉、主脚扉、翼胴フェアリングといった主要構造部位の約21%を日本企業が製造分担することが決まっていた。契約ではMOAに諸条件を盛り込んだものになる。  ボーイング民間航空機部門のバイス・プレジデント、ゼネラル・マネージャーを務めるケント フィッシャー氏は、「日本のパートナーは常に最高水準のパフォーマンスを見せてくれており、現行777の大いなる成功にも大変貢献してくれています」と語る。  日本の航空機メーカーは過去50年近くにわたりボーイング社と協力関係を続けており、 次世代737、 737MAX、747、757、 767、 777、 787ドリームライナーの製造にも深くかかわる。  ボーイング社は2014年度に50億㌦におよぶ製品、サービスを日本から調達、数万人の雇用に貢献。今回の契約での調達規模は、今後5年で約360億㌦と予測されている。  777Xは、現在6社から306機を受注。生産開始は2017年で2020年の初納入を予定している。  (太田 麻友)  

News-JPG

ワ州日米協会、新プログラム日本で展開

ワシントン州日米協会が日本における米国文化紹介の新教育プログラム「America in the Schools」の展開を発表。近夏に東京、福島の学校で試験プレゼンテーションを行う。  同協会は1994年から州内学校機関に日本文化を紹介する「Japan in the Schools(JIS)」プログラムを実施。日本の学生生活紹介を通じ、文化理解の促進に貢献している。  米日財団からの寄付金を受けた新プログラムは、JISに沿った内容で米国の多様性や学生の日常を紹介、簡単な英語教育を通じ理解促進を図る。700万人とされる日本の学生が、「教育、政治、経済、そしてコミュニティーの結びつきを強め」、「早期の段階で英語を学ぶことへの興味と意欲を高める」ことを期待している。  今夏は試験的なプレゼンテーションを森合小学校(福島)、福島南高校(福島)、明泉学園(仙台)、汐入東小学校(東京)の4校で行う。  詳しくはhttp://jassw.org/en/まで。 (N・A・P)

No Picture

ボーイング787初号機、中部国際空港へ寄付

ボーイング787型「ドリームライナー」の飛行試験機がセントレア(中部国際空港)に寄贈された。1号機「ZA001」は6月末に到着、機体の35%を日本の中部地区で生産するなど同地域は航空産業の基幹にあたる。  ZA001は2009年12月15日に初飛行。今後はアリゾナ州ツーソンのピマ航空宇宙博物館、当地航空博物館でそれぞれ展示される他の試験飛行機同様に航空史の紹介にあてられる。  ドリームライナーは現在までに1100機を顧客60社から受注。日本はANA(全日本空輸)と日本航空で国別で最大となる128機をオーダーしている。 (N・A・P)

1 2 3 4