washington-state-news

日系牡蠣ビジネス

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

 今年の春先、ポートランドへの取材を兼ねて、ワシントン州沿岸を車で下った。行先は牡蠣ビジネスで盛んなサウスベンド、その先のネマーという小さな町だった。ここまで来ると、オレゴン州との境となるコロンビア川も近い。   平坦な海岸の道のりが開けた場所に小さな集落があり、二世の日系牡蠣業者だった故ジロー・ナカガワ(中川)さんの牡蠣養殖所跡があった。ビジネスはすでに閉じられているが、そこに残る当時の面影残る古い建物は当時の雰囲気、様子を十分に伝えるものだ。  潮が満ち、引き、牡蠣を積んだ船が付く桟橋。牡蠣むきの作業に使った工場。建物のはずれには牡蠣の殻が山積みとなり、丘のようになっている。そこを上り、周りを見回し写真を撮った。春先のどんよりとした天気、静寂な一瞬、日系牡蠣養殖の関係者たちの生活、ビジネスに思いを馳せた。何か特別な時間だったと記憶している。同地ではコミュニティー関係者により、記念碑の設置も考えられていると耳にした。  地元シーフードレストランなどで見かける牡蠣メニューにある「KUMAMOTO」の文字。1950年代あたり、本紙アーカイブ記事でも見ることができるが、ワシントン州、オレゴン州の沿岸で盛んに行われていた牡蠣ビジネスへ日本の牡蠣が輸入された。牡蠣と日系のつながりは深く、移民の歴史をつづった『北米百年桜』でも、一章を割いて日本からの牡蠣の輸入養殖を含め、移民初期の苦労が紹介されている。第二次世界大戦前にも多くの日系関係者が当地で養殖業に携わった。先述のナカガワ氏もその1人だ。  10月9日、シアトル市内ユニバーシティー・ディストリクトのVarsity Theaterで、ノースウエストの牡蠣業界に貢献を果たした日系人を紹介するドキュメンタリー映画『Ebb and Flow』が初公開される。牡蠣ビジネスを中心に様々な苦難を乗り越えてきたストーリー。同業界のパイオニアでもある山下ファミリーの中でも、93歳を迎える二世のジェリーさんとその家族に焦点を充てる。  午後1時から。イベントには山下さんも出席する。入場料は、3年をかけた映画政策費用をまかなうための募金となる。 (佐々木 志峰)

washington-state-news

シーズン後半戦開始 渡嘉敷、川澄、宇津木

September 14, 2016 The North American Post Staff 0

 夏季五輪リオ大会が終了、中断していた関連スポーツのシーズン終盤戦が幕を開けた。8月26日には、女子バスケットボールのシアトル・ストームがロサンゼルス・スパークスと対戦。日本代表の渡嘉敷来夢選手は約12分プレーし4得点だった。  渡嘉敷選手は途中出場の前半、ピックアンドロールをうまく利用し得点を決め、試合後半でも外からのミドルシュートを決めた。チームとのコミュニケーションも良く、勝利に貢献した。  今回の五輪で多くのことを学んだという渡嘉敷選手は、まだ気持ちの整理ができていないというが、まだ先の2020年の五輪東京大会ではメダルを狙う意気込みも見せた。  女子サッカーで川澄奈穂美、宇津木瑠美両選手が所属するのシアトル・レインFCもシーズンを再開。27日にポートランド・ソーンズを3―1で破った。      (松井 貴海

washington-state-news

五輪リオ大会終了 日本メダル41個獲得 印象残る記録多く

September 14, 2016 The North American Post Staff 0

 8月5日から21日にかけてブラジル・リオデジャネイロで夏季五輪が開かれた。日本は金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル12個の41個のメダルを獲得、同大会参加国207カ国中6位の高順位だった。萩野公介選手が水泳男子400㍍個人メドレーで金メダル、内村航平選手、白井健三選手率いる体操競技男子団体も金メダルと輝かしい結果を残している。  その中でも今回の五輪では、日本初さらにはアジア初となる記録も生まれた。女子レスリングでは伊調馨選手が58㌔級で女子初の4連覇を達成。卓球男子ではエース水谷隼選手が日本人初の銅メダルを獲得。そして、陸上の男子400㍍リレーでは、山県亮太選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手が日本アジア初となる37秒60を叩き出し、08年の北京大会の銅メダルを上回る、初の銀メダルを獲得した。記録も国別の記録で世界3位と驚異的な数字だった。  また日本初ではないが、錦織圭選手が男子テニスにおいて96年ぶりとなるメダルを獲得した。12分間に及ぶトイレットブレークも、巌流島の宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が例えられるなど話題となった。女子バスケットボールは、シアトル・ストームに所属する渡嘉敷来夢選手を中心に奮闘。メダル獲得には至らなかったが、格上のブラジル、ベラルーシ、フランスを破り、20年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。  日系選手は開催国ブラジルのアルトゥール・オカヤマ・マリアーノ選手が体操の男子種目別床運動で銅メダル獲得、ポリアナ・オキモト選手が水泳オープンウォーター女子10㌔で銅メダルを獲得と活躍した。  次回の夏季五輪は2020年の東京大会。日本での開催ということもあり、当地からの注目、期待も高まりそうだ。        (松井 貴海)

washington-state-news

September 14, 2016 The North American Post Staff 0

 ビーコンヒル南にある窪田庭園で2年前の夏、炎天下の中で石を黙々と打つ人々の姿があった。2週間後、7フィートになる石垣が建設され、その後日よけの屋根が加わり、庭園の新たな憩いの広場が完成した。1927年に日系移民の故窪田藤太郎氏によって建てられた庭園は、ノースウエストの景観、自然を使い、今でも多くの愛好者が訪れる「知られざる」名所となっている。本紙英語コラムニストのデービッド・ヤマグチさんも日系関係の訪問先のおすすめとして7月21日号に記している。  本紙では今週から、当時の石垣建設プロジェクトに携わった児嶋健太郎さんの連載が始まる。ワークショップに携わった人々を中心に当時の様子を振り返っている。本紙でもワークショップの開始時、完成時と取材で追っていたこともあり、プロジェクト内部や参加者の話を興味深く読ませていただいた。  児嶋さんはグアテマラ出身で幼少時から石に魅力を感じながら育ったという。当地では石業者マレナコス社でマネージャーを務める傍ら、石彫刻の作品も手掛けている。  「石には原始的な、本能的なつながりを感じます。いつもそこにあり、何かアイデンティティーを持っている。石を掘ることは、自分にとって一つの言葉のようなものです」と語る。  石垣プロジェクトを通じ、様々なネットワークが作られた。庭園関係者、日本の石工、ワークショップに参加した米国人。今後も「何がもとでつながるかわからない縁」を大切に日米をつなぐ「架け橋」の一つとなる活動を続けたいという。  新たな橋はすでに作られ始めている。ネットワークをもとに石に携わる関係者を日本から招待、米国での短期研修を実現した。東京造形大学から紹介を受けた関係者が2人、ノースウエスト石彫刻協会(NWSMA)の助成を受け、オレゴン州で現在開催中のシンポジウムに参加しているという。  「石の言葉は万国共通。色々な人同士分かり合える。それがうれしいです」と笑顔で語る。  そんな児嶋さんの人柄も伺える連載は本紙4面で毎週掲載予定。    (佐々木 志峰)

washington-state-news

次世代

September 14, 2016 The North American Post Staff 0

 夏季五輪リオデジャネイロ大会は連日、盛り上がりを見せている。米国男子水泳のマイケル・フェルプス選手の金メダル獲得数が話題となっている。9日を終えて五輪金メダルの獲得数は21となった。まさに圧倒的な強さだ。2004年のアテネ大会から4度目となる五輪。31歳で集大成として臨んでいるという。  10日の男子体操総合で五輪連覇を果たした内村航平選手も同競技で「キング」と呼ばれ、圧倒的な強さを見せている。2008年の北京大会から3度目の五輪。27歳を迎え、今大会を集大成とし、前評判通りの結果を残した。  2人の「王者」に関して「集大成」という言葉を目にする。ある記事を読めば、内村選手は2020年にある東京五輪も視野に入れているとのことだが、やはり、後進となる次世代選手の登場も気になるところだ。  米国ではイチロー選手が大リーグ3千本安打を達成した。多くの安打をシアトル・マリナーズで記録され、我々の記憶にも新しい。今後もまだまだ高みを目指し、多くの記録を超えていくに違いない。これだけの大記録を達成した選手を追い、比較されるだけの選手はそうは出てこないだろう。だが、若い世代にもたらした影響も大きい。背中を追う新たなスター選手の登場も楽しみに待ちたい。  さて18年続いた秋祭りは、ジャパンフェア2016に引き継がれた。新たな趣向も加え、次世代となる主催グループへとバトンが渡され、9月3日、4日開催を1カ月後に控える。  コミュニティーも「次世代」という言葉は常に耳にする。先の記者会見では、時代とともに変わる日系社会での立ち位置についても言及していた。今の日系社会がどのように若い世代を受け入れていくか、また若い世代がどのように日系社会に関わり、リーダーシップを受け継ぐか、その試金石としての意味合いも、イベント開催の中に込められているようだ。  関係者によると、まもなくジャパンフェアへ向けた弁当販売がウェブサイト上で始まるという。詳しくは/www.japanfairus.orgまで。 (佐々木 志峰)

Mark-Takai

マーク・タカイ連邦議員死去、三世、ハワイ選出

 ハワイ州第一区から選出の日系連邦議員マーク・タカイ氏が20日に死去した。49歳、すい臓がんだった。  同氏は三世でハワイ大学卒業。27歳で州下院議員に当選した。州兵として2009年にクウェートへ派遣された経験も持つ。コリーン・ハナブサ連邦下議(当時)の上院選立候補のため、2014選挙で立候補。初当選を果たしたが、その後病気を発し、5月には闘病のために再選を辞退する旨を発表していた。  全米日系市民協会など日系団体を含め、関係者が若い死を惜しんでいる。  後任候補にはハナブサ前下議が立候補を発表している。 (N・A・P)

IMG_3018 4c

大塚首席領事お疲れさま コミュニティーで送別会

 地元日系社会関係者が5日、離任が明らかになった大塚剛首席領事への送別会を開催。ワシントン州日本文化会館でシアトル日系人会主催による昼食会が開かれ、赴任期間で築かれたコミュニティーとの友好関係を振り返るひと時となった。  関係者によると、大塚首席領事は12日に離任。韓国語に堪能なこともあり、次期赴任地は韓国になるという。 (写真提供 = マイク・フォレスター)

1 2 3 17