rozome

細田あずみさん講演 ろう染伝統文化紹介

October 17, 2016 The North American Post Staff 0

シアトル・アジア美術館が行う講演シリーズで15日、ろう染作家の細田あずみさんが自身の作品とともに日本の染めの伝統文化を紹介した。   当日は染めの歴史や工程を紹介。ボランティアが舞台に立ち、細田さんの作品を披露した。タコや建物など斬新なイメージを取り入れた作品に出席者は大いに興味を引かれたようだった。細田さんは、「伝統的な染めの世界では、女性作家はまだまだ少ない」と話す。長く閉塞感のあった伝統文化の世界で、着物の海外進出と合わせ、新たな可能性を模索する。  細田さんの作品は地元ギャラリーのKOBOでも展示された。  シアトル・アジア美術館は来年春から約18カ月の増設、改築工事のため閉鎖される。現在の建物は1931年にシアトル美術館として開館。同館が1991年にダウンタウンに移転後、94年にアジア美術館として開館し、現在に至る。  (記事・写真  = 佐々木 志峰)

jas-roundtable-t

第2回ビジネス・ラウンドテーブル 日米、女性の社会進出の推進

October 17, 2016 The North American Post Staff 0

日米の女性の社会的地位向上を考えるパネルディスカッションが9月21日、ベルビュー市舎で開催された。現代社会の中で日々女性が直面している課題について協議し、女性の活躍促進の支援をテーマに意見交換が行われた。  基礎講演者はプルデンシャル・ファイシャル社の法令順守担当兼ヴァイス・プレジデントのローヤン・K・ドイ氏。ビル&メリンダ・ゲイツ財団のジル・ニシ氏が司会を担当、パネリストにはマイクロソフト社のウィンドウズデバイス販売担当部長のマーガレットアラカワ氏、マイクロソフト本部長ティサ・ジャクソン氏、東レコンポジット米国副社長で最高技術責任者の小田切信之氏が参加した。  ワ州日米協会とシアトル日本商工会によるイベントで、昨年3月に開催された同様のテーマで第二回目の開催となる。日米両国の抱える課題や、女性の職場進出とワシントン州の経済成長の関係性、女性の出産後の社会復帰の日米間の違いや、日本における男性の仕事と子育ての両立についてなどが語られた。現在日本で話題となる育児に積極的にかかわる男性を指す「イクメン」という新しい言葉にも触れられた。  ドイ氏は昔と現在の日本社会における女性に対する扱いや、女性の社会復帰に関する男性による思い違いについて語った。女性は子供を持つことで退社、家庭に入るべきと考え、女性も同様の考えがあると思われがちだが、実際は社会復帰を望む女性が7割を超えており、日本の男性はこの違いを理解するべきと語った。また最近日本に訪れて良くなった点として、男性雑誌コーナーに車、カメラ、写真集の中に新しく「イクメンコーナー」が置かれているのを目にし、着々と女性への理解が深まっているとも話した。  アラカワ氏は家事と仕事の両立、夫の子育て支援について自身の生活ライフを話し、会場は終始和やかなムードだった。まだまだ改善点はあるが、日本において着々と女性の社会進出と女性への理解が進んでいるように見えた。        (松井 貴海)

08-12-2014-ishigaki-03

シアトル石垣プロジェクト 6

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

ワークショップも中盤になると、少しずつ思ったように石が形ついてくるので楽しくなってしまった。上腕にものを言わせてガンガンハンマーを振り下ろして、その度に僕等の使っていたごま塩模様の花崗岩の欠片が飛んでいくのであった。  やわらかい焼きごてのような日差しをもろに体中に感じながら、周りは埃っぽくて、あの、現場によくある整頓された混沌の雰囲気のなか、思いっきり振ったハンマーがピッタシ鑿の後ろに真っ直ぐ当たって、鑿にもそれを持つ手にも振動がなく、ハンマーにもハンマーを持つ手にも雑な振動はなく、それどころかハンマーが、振り下ろした軌道を逆にたどって勝手に跳ね返って来るようで、僕が発した運動エネルギーは(跳ね返された分以外)すべて石に移った――。そう感じられる一撃が何回か立て続けに打てるようになった。得意になってフンフンと鼻を鳴らしながら周りを見回すと、田部さんが(彼特有のフックスイングで)カキーン、カキーンとゆっくりのどかそうに叩いている。彼の鑿先から飛ぶかけらは僕が力任せに叩いたものの数倍の大きさだった。僕は石を叩き崩している感じがするのに対して田部さんのやり方は鑿で石を剥がしているような、めくっている様な感じがした。あきれるくらい大きな石の欠片がパカッ、パカッと剥がれていくのであった。こういう熟練した技を見るのはなんともすがすがしいものである。思わず作業をやめて見とれてしまう。  田部さんには石の選択から線引き(ここを割る、とかここを平らにする、とか決める)までやっていただいたので忙しかった。しかし、彼が石を叩き始めるとじっと見つめる人たちが必ず出た。  一度田部さんが道具を置いてどっかにいってしまった時、僕とロリンが田部さんのハンマーと鑿を見にいった。(別に彼が飛び抜けて上手いのは道具のせいだとか思ったわけではない。決して。)ハツリ鑿は近藤のトレードマークの紫のさび止めが塗ってある先がカーバイドの普通の鑿だった。しかし、ハンマーの柄が内側に曲がっていた  「ははあ、自分のフックするスイングにあわせたんだな」と、微笑んでしまった。  だが、という事はハンマーの片方しか使えないじゃないか、と考えながらハンマーの面を見ると、真ん中あたりだけ銀色にピカピカと光を反射していた。その大きさは一円玉くらいの大きさだった。  あごが地面に落ちてしまうほど驚いた。田部さんのスイングはそこまで正確なのであった。ハンマーの面が鑿に当たるのが必ず同じところなので、そこだけ摩滅したようになっているのである。他はまだオリジナルの塗装がついていた。 まだ数十回に一度は手を叩いて、「イテーッ」といって跳ね上がる僕やロリンには、本当にそんな事が可能なのか信じられなった。だが、目の前にその動かぬ証拠があった。  二人で驚いた顔を見合すと、「スゲーー」とため息が出てしまった。これは道具のせいじゃねーや。 ◇ ◇ ◇  このワークショップでロリンは人生が変わってしまったそうである。彼は今、石ばかりやっている。そして、シアトルの他の有能な石工たちに目をつけられて、色々と一緒にプロジェクトをしている。彼は今は左手の指が固まってしまうどころか、手袋さえしなくなってしまった。それはハンマーの衝動が鑿を通して感じられるからだそうだ。打ったときの音も大切だ、音と手の感覚だけでかなり分かってしまう、と言っていた。いつの間にそこまで差をつけられてしまったのだろう。  デリックは石の道具に目覚めた。今は、石用の鑿数種類とハンマー数個、それに空調ハンマー一式まで持っている。  これは後日談であるが、窪田ガーデンの庭師長のドンはデリックが気に入り、ドンが引退したとき庭師長に興味ないか、と何度も勧めていた。  「まあ、確かに雇われ庭師だからそこまで自由じゃないけど、健康保険あるぜ。それも家族全員。後、安定だな。自分でやっているときは毎年当たり外れあるし、この前の不況みたいな時は、どうなるか分からないじゃないか。市の仕事はいいぜ。特に庭師長なんか。最高だぜ」と、ドンは言うのであった。  デリックも揺れている様子だった。もしかしたら、未来の窪田ガーデン庭師長が面白い巡り会わせで見つかるかもしれない。       (続く) (児嶋 健太郎)

MamiHara

市公共事業リーダーへ 日系のハラ氏起用 関連事業での経験期待

 シアトル市のエド・マレー市長は7月28日、公共事業(SPU)部長にマミ・ハラ氏を指名すると発表した。SPUは、シアトル市の公共サービス、シアトル市の住民やビジネスの水道、汚水、排水管理、シアトル市と26の市町村、その他の特例地域に住む計130万人の地域住民への飲み水提供を担っている。同部署は運営、整備、都市改善を含め年間約10億㌦の経費が充てられている。

washington-state-news

近隣活性化プロジェクト 市で助成、説明会実施

 シアトル市の地域課は、地域活性化を図るネイバーフッドマッチングファンド・プログラムを実施する。今月に各所でプログラムを紹介するワーショップを開催する。  同プログラムはコミュニティーメンバーによるリーダーシップにより計画された事業を支援。地域文化祭や施設改善、公共芸術や若者の活動支援など、コミュニティー構築のために活動する地域グループに最大で2万5千㌦を助成する。  コミュニティーの改善や事業を通して、より連帯のある健全な地域づくりに貢献していくことを目標にしている。  ワークショップは市でも注目と人気を集め、小規模かつシンプルな事業に興味を持つ地域グループに対して開催される。ワークショップではネイバーフッドマッチングファンドの概略や助成事業の特色、応募の過程や必要条項などを説明する予定。  日程は本日、マウントレイクコミュニティーセンター、9日にレーニアバレーのセントロ・デル・ラ・ラザ、18日にフィニーリッジのフィニーネイバーフッドセンターで開かれる。それぞれ午後6時から8時まで。  プログラム応募の締め切りは9月12日月曜の午後5時までとなっている。詳しくはhttp://www.seattle.gov/neighborhoods/programs-and-services/neighborhood-matching-fund/small-and-simple-projects-fund-まで。 (大間 千奈美)

Obon dancers DSC_0174

タコマ盆踊り 伝統行事に大賑わい

 タコマ市のタコマ本願寺仏教会で7月30日に盆踊り大会が開かれた。当地盆踊り大会の一環として、地元住民が多数参加、寺院前の通りに踊りの輪が作られた。関係者によると、屋台食べ物も佳境を迎える午後8時ごろに売り切れるなど、大盛況となった。ピュージェット湾地域の盆踊り大会は8月13日にオリンピアでの開催で締めくくられる。ポートランドのオレゴン本願寺仏教会では今週末開催。詳しくはカレンダーページへ。            (写真提供 = タコマ本願寺仏教会)

okk4

沖縄県人会 鼓衆、当地で活躍 「エイサー」の掛け声とともに

 シアトルも毎年の恒例行事、夏祭りの開催が集中する季節を迎えた。屋台や盆踊りなど、さまざまな訪問客が集まる各地域のイベントでダイナミックな演奏を見せる太鼓集団がある。独特の穏やかさと迫力の緩急を持つ琉球芸能を披露する沖縄県人会太鼓クラブは結成9年目。今年7月からは沖縄の浦添市を拠点に置き、県外や海外でも活躍する親団体「鼓衆 若太陽(ちじんしゅう わかてぃーだ)」の名前をとって「沖縄県人会 鼓衆」となった。

jet

JETプログラム壮行会 新たに35人、国際交流に力

 JETプログラム(外国青年招致事業)の参加者が渡航を翌日に控えた22日、大村昌弘総領事公邸で行われた壮行会に出席した。シアトルからは35人が参加する。  今年で30回目を迎える同プログラムの参加者数は、世界65カ国から6万2千人を超える。外国語指導助手(ALT)、国際交流員(CIR)、スポーツ国際交流員として日本各地に赴任、文化交流や外国語教育の普及などを通し、地域レベルの国際化推進の役割を担う。  日系の参加者としては、シアトル大学卒のマヤ・ラールさんが新潟県に赴任する。ワ州日本文化会館で日本文化に親しんできた経験に加え、去年上智大学で交換留学をしていたこともあり、日本で働くことにさほど緊張していない様子だった。「子どもに教えるのが楽しみ」と意気込みを話す。  壮行会に出席した兵庫県ワシントン州事務所の河知秀晃所長によると、兵庫県では公立高校すべてにネイティブの英語教員がいるという。兵庫からも日本語教師が派遣され、草の根レベルでの国際交流が行われている。  JETプログラムの任用期間は1年間。最長で5年まで延長することができる。 (大間 千奈美

washington-state-news

ジャパンナイト マリナーズ、ストームで

 日本選手が活躍する地元プロスポーツチームによる恒例のジャパンナイトイベントの日程が発表されている。MLBマリナーズは8月22日のニューヨーク・ヤンキース戦でジャパンナイトを開催。1階、3階両席席でジャパンナイト向けの席が用意される。  ストームは8月31日のダラス・ウィングス戦でジャパンナイトを開催。2年目となるイベントでは、地元太鼓団「太鼓の教室」や「ちきり」による演奏、試合との渡嘉敷来夢選手とのQ&Aなどが予定されている。チケットは15㌦、25㌦、40㌦の各席が用意されている。詳しくは本紙カレンダーぺージ、もしくは各チームウェブサイト、seattle.mariners.mlb.com, storm.wnba.comまで。 (N・A・P)

washington-state-news

平林プレース プロジェクト着々完成

市内インターナショナル・ディストリクトで建設が進むアパート「平林プレース」のパブリックプロジェクトが着々と完成を迎えている。非営利団体InterIm CDAによる事業で、アパート内外には、日本町や公民権を題材としたアート作品が設置される。

1 2 3 23