rozome

細田あずみさん講演 ろう染伝統文化紹介

October 17, 2016 The North American Post Staff 0

シアトル・アジア美術館が行う講演シリーズで15日、ろう染作家の細田あずみさんが自身の作品とともに日本の染めの伝統文化を紹介した。   当日は染めの歴史や工程を紹介。ボランティアが舞台に立ち、細田さんの作品を披露した。タコや建物など斬新なイメージを取り入れた作品に出席者は大いに興味を引かれたようだった。細田さんは、「伝統的な染めの世界では、女性作家はまだまだ少ない」と話す。長く閉塞感のあった伝統文化の世界で、着物の海外進出と合わせ、新たな可能性を模索する。  細田さんの作品は地元ギャラリーのKOBOでも展示された。  シアトル・アジア美術館は来年春から約18カ月の増設、改築工事のため閉鎖される。現在の建物は1931年にシアトル美術館として開館。同館が1991年にダウンタウンに移転後、94年にアジア美術館として開館し、現在に至る。  (記事・写真  = 佐々木 志峰)

jas-roundtable-t

第2回ビジネス・ラウンドテーブル 日米、女性の社会進出の推進

October 17, 2016 The North American Post Staff 0

日米の女性の社会的地位向上を考えるパネルディスカッションが9月21日、ベルビュー市舎で開催された。現代社会の中で日々女性が直面している課題について協議し、女性の活躍促進の支援をテーマに意見交換が行われた。  基礎講演者はプルデンシャル・ファイシャル社の法令順守担当兼ヴァイス・プレジデントのローヤン・K・ドイ氏。ビル&メリンダ・ゲイツ財団のジル・ニシ氏が司会を担当、パネリストにはマイクロソフト社のウィンドウズデバイス販売担当部長のマーガレットアラカワ氏、マイクロソフト本部長ティサ・ジャクソン氏、東レコンポジット米国副社長で最高技術責任者の小田切信之氏が参加した。  ワ州日米協会とシアトル日本商工会によるイベントで、昨年3月に開催された同様のテーマで第二回目の開催となる。日米両国の抱える課題や、女性の職場進出とワシントン州の経済成長の関係性、女性の出産後の社会復帰の日米間の違いや、日本における男性の仕事と子育ての両立についてなどが語られた。現在日本で話題となる育児に積極的にかかわる男性を指す「イクメン」という新しい言葉にも触れられた。  ドイ氏は昔と現在の日本社会における女性に対する扱いや、女性の社会復帰に関する男性による思い違いについて語った。女性は子供を持つことで退社、家庭に入るべきと考え、女性も同様の考えがあると思われがちだが、実際は社会復帰を望む女性が7割を超えており、日本の男性はこの違いを理解するべきと語った。また最近日本に訪れて良くなった点として、男性雑誌コーナーに車、カメラ、写真集の中に新しく「イクメンコーナー」が置かれているのを目にし、着々と女性への理解が深まっているとも話した。  アラカワ氏は家事と仕事の両立、夫の子育て支援について自身の生活ライフを話し、会場は終始和やかなムードだった。まだまだ改善点はあるが、日本において着々と女性の社会進出と女性への理解が進んでいるように見えた。        (松井 貴海)

08-12-2014-ishigaki-03

シアトル石垣プロジェクト 6

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

ワークショップも中盤になると、少しずつ思ったように石が形ついてくるので楽しくなってしまった。上腕にものを言わせてガンガンハンマーを振り下ろして、その度に僕等の使っていたごま塩模様の花崗岩の欠片が飛んでいくのであった。  やわらかい焼きごてのような日差しをもろに体中に感じながら、周りは埃っぽくて、あの、現場によくある整頓された混沌の雰囲気のなか、思いっきり振ったハンマーがピッタシ鑿の後ろに真っ直ぐ当たって、鑿にもそれを持つ手にも振動がなく、ハンマーにもハンマーを持つ手にも雑な振動はなく、それどころかハンマーが、振り下ろした軌道を逆にたどって勝手に跳ね返って来るようで、僕が発した運動エネルギーは(跳ね返された分以外)すべて石に移った――。そう感じられる一撃が何回か立て続けに打てるようになった。得意になってフンフンと鼻を鳴らしながら周りを見回すと、田部さんが(彼特有のフックスイングで)カキーン、カキーンとゆっくりのどかそうに叩いている。彼の鑿先から飛ぶかけらは僕が力任せに叩いたものの数倍の大きさだった。僕は石を叩き崩している感じがするのに対して田部さんのやり方は鑿で石を剥がしているような、めくっている様な感じがした。あきれるくらい大きな石の欠片がパカッ、パカッと剥がれていくのであった。こういう熟練した技を見るのはなんともすがすがしいものである。思わず作業をやめて見とれてしまう。  田部さんには石の選択から線引き(ここを割る、とかここを平らにする、とか決める)までやっていただいたので忙しかった。しかし、彼が石を叩き始めるとじっと見つめる人たちが必ず出た。  一度田部さんが道具を置いてどっかにいってしまった時、僕とロリンが田部さんのハンマーと鑿を見にいった。(別に彼が飛び抜けて上手いのは道具のせいだとか思ったわけではない。決して。)ハツリ鑿は近藤のトレードマークの紫のさび止めが塗ってある先がカーバイドの普通の鑿だった。しかし、ハンマーの柄が内側に曲がっていた  「ははあ、自分のフックするスイングにあわせたんだな」と、微笑んでしまった。  だが、という事はハンマーの片方しか使えないじゃないか、と考えながらハンマーの面を見ると、真ん中あたりだけ銀色にピカピカと光を反射していた。その大きさは一円玉くらいの大きさだった。  あごが地面に落ちてしまうほど驚いた。田部さんのスイングはそこまで正確なのであった。ハンマーの面が鑿に当たるのが必ず同じところなので、そこだけ摩滅したようになっているのである。他はまだオリジナルの塗装がついていた。 まだ数十回に一度は手を叩いて、「イテーッ」といって跳ね上がる僕やロリンには、本当にそんな事が可能なのか信じられなった。だが、目の前にその動かぬ証拠があった。  二人で驚いた顔を見合すと、「スゲーー」とため息が出てしまった。これは道具のせいじゃねーや。 ◇ ◇ ◇  このワークショップでロリンは人生が変わってしまったそうである。彼は今、石ばかりやっている。そして、シアトルの他の有能な石工たちに目をつけられて、色々と一緒にプロジェクトをしている。彼は今は左手の指が固まってしまうどころか、手袋さえしなくなってしまった。それはハンマーの衝動が鑿を通して感じられるからだそうだ。打ったときの音も大切だ、音と手の感覚だけでかなり分かってしまう、と言っていた。いつの間にそこまで差をつけられてしまったのだろう。  デリックは石の道具に目覚めた。今は、石用の鑿数種類とハンマー数個、それに空調ハンマー一式まで持っている。  これは後日談であるが、窪田ガーデンの庭師長のドンはデリックが気に入り、ドンが引退したとき庭師長に興味ないか、と何度も勧めていた。  「まあ、確かに雇われ庭師だからそこまで自由じゃないけど、健康保険あるぜ。それも家族全員。後、安定だな。自分でやっているときは毎年当たり外れあるし、この前の不況みたいな時は、どうなるか分からないじゃないか。市の仕事はいいぜ。特に庭師長なんか。最高だぜ」と、ドンは言うのであった。  デリックも揺れている様子だった。もしかしたら、未来の窪田ガーデン庭師長が面白い巡り会わせで見つかるかもしれない。       (続く) (児嶋 健太郎)

kobe-keizai-doyukai

神戸ビジネス関係者 宇和島屋の成功に注視

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

神戸市から先週、神戸経済同友会の関係者約20人が当地を訪問。22日には宇和島屋シアトル店を訪れ、日系マーケットの現在に至る足跡や、日本商品の米国での展開可能性などについて学んだ。  同会は神戸の企業関係者によって構成され、同地域経済の方向について様々な視点から考察、活動結果を自治体へ提言しているという。塚本晃彦代表幹事は、「姉妹都市で海を挟んでつながっているシアトルで、宇和島屋が大きな成功を収めたものは何だったのか大変興味深い」と語る。  当日は宇和島屋のトミオ・モリグチ会長が当地日系社会の歴史や現状について紹介。モリグチ家を紹介しながら宇和島屋や日系社会の歩みについて紹介した。また食品の仕入れを総括する渡部美沙緒さんが、創業90年近くになり当地に定着する宇和島屋の存在や、日本食品の米国での展開の可能性について質問に答えた。  塚本代表幹事は、「日本人移民に合う味を提供するなど、地元のお客さまの声に応え、種をうまく巻いてきたこと。また機に応じる商才があるのだと思います」と宇和島屋の背景について印象を語った。今回の訪問ではボーイング社の視察なども含まれているという。 (記事・写真 =   佐々木 志峰)

washington-state-news

日系牡蠣ビジネス

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

 今年の春先、ポートランドへの取材を兼ねて、ワシントン州沿岸を車で下った。行先は牡蠣ビジネスで盛んなサウスベンド、その先のネマーという小さな町だった。ここまで来ると、オレゴン州との境となるコロンビア川も近い。   平坦な海岸の道のりが開けた場所に小さな集落があり、二世の日系牡蠣業者だった故ジロー・ナカガワ(中川)さんの牡蠣養殖所跡があった。ビジネスはすでに閉じられているが、そこに残る当時の面影残る古い建物は当時の雰囲気、様子を十分に伝えるものだ。  潮が満ち、引き、牡蠣を積んだ船が付く桟橋。牡蠣むきの作業に使った工場。建物のはずれには牡蠣の殻が山積みとなり、丘のようになっている。そこを上り、周りを見回し写真を撮った。春先のどんよりとした天気、静寂な一瞬、日系牡蠣養殖の関係者たちの生活、ビジネスに思いを馳せた。何か特別な時間だったと記憶している。同地ではコミュニティー関係者により、記念碑の設置も考えられていると耳にした。  地元シーフードレストランなどで見かける牡蠣メニューにある「KUMAMOTO」の文字。1950年代あたり、本紙アーカイブ記事でも見ることができるが、ワシントン州、オレゴン州の沿岸で盛んに行われていた牡蠣ビジネスへ日本の牡蠣が輸入された。牡蠣と日系のつながりは深く、移民の歴史をつづった『北米百年桜』でも、一章を割いて日本からの牡蠣の輸入養殖を含め、移民初期の苦労が紹介されている。第二次世界大戦前にも多くの日系関係者が当地で養殖業に携わった。先述のナカガワ氏もその1人だ。  10月9日、シアトル市内ユニバーシティー・ディストリクトのVarsity Theaterで、ノースウエストの牡蠣業界に貢献を果たした日系人を紹介するドキュメンタリー映画『Ebb and Flow』が初公開される。牡蠣ビジネスを中心に様々な苦難を乗り越えてきたストーリー。同業界のパイオニアでもある山下ファミリーの中でも、93歳を迎える二世のジェリーさんとその家族に焦点を充てる。  午後1時から。イベントには山下さんも出席する。入場料は、3年をかけた映画政策費用をまかなうための募金となる。 (佐々木 志峰)

washington-state-news-290x160

デンショー、発足20年  歴史から紡ぐ  現在、未来への教訓

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

第二次世界大戦の日系人経験を中心とした歴史保存に携わる非営利団体「デンショー」が発足20年を迎え、24日にシアトル・ダウンタウンのシェラトンホテルで記念夕食会を開催。コミュニティー関係者、支援団体を含め500人以上が出席した。  デンショーは1996年、関係者がベルビュー市内の教会に集まり、日系人収容の歴史を次世代に伝える意義の大きさについて話し合った会合が始まりとなる。インタビュー、資料のデジタル保存活動を続け、2001年の米同時多発テロ事件後は、人種偏見と戦うマイノリティー社会とも連携し、社会正義のアピールや、教育機関への資料、カリキュラム提供といった活動を続けている。収録したインタビューは900人以上、保存資料は5万点を超え、専用オンライン百科事典も開設されている。  一方、真珠湾攻撃に始まる日米開戦から75年を迎え、当時を知る経験者は毎年数を減らしている。トム・イケダ事務局長はインタビューを行った900人のうち、半数以上が死去していることを報告。各自が残した力強いメッセージを伝えるため、「これからもインタビューを続けたい」と、歴史保存へ強い意欲を見せた。  マイノリティーの歴史をデジタル保存化するプロジェクトは全米でもほとんど例を見ない90年代。マイクロソフト社などで経験を積んだ三世が中心に立ち上がり、現在では日系社会のみならず、様々なマイノリティー社会と連携し、デンショーの運営経験が伝えられている。   夕食会にはオバマ大統領もメッセージを寄せ、人種、出身地に関係なく、恐怖や不安のない社会づくりに貢献を果たしていると讃えた。シアトル市のエド・マレー市長もデンショーの活動を踏まえ、当日を「デンショーの日」と認定した。  基調演説には、80年代のフレッド・コレマツ氏の再審など数々の重要弁護を担当したデール・ミナミ氏が登壇。歴史と教訓がたびたび忘れられ、歴史との繋がりさえ見落とされがちな現在社会に警鐘を投げかけた。  ミナミ氏は、日系人差別などを背景に収容所政策が異論なく行われた時代や、その歴史を変えた戦後補償活動、「反乱分子」とされた徴兵拒否者たちへの認識を変えた日系社会の成熟を例を挙げ、時間と共に声を上げ、歴史が変わってきた経緯を紹介。「我々が経験したような不正義が繰り返されないように、知識、歴史、道徳、強い意志を持ってもらいたい」と訴えた。

washington-state-news-290x160

シアトル図書館

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

様々な団体、ビジネスでリーダーシップとともに活躍を見せる三世世代。シアトル公立図書館のテレサ・フジワラ会長もその1人だ。  コロンビアシティーの図書館近くで育った幼少時。「ロールモデル」と話す母親と毎週図書館に通った。2人で大量の本を借り、読書を楽しんだ。当時から培われた「読」の力と社会正義への認識。「最も民主的な場」と語る図書館での経験は、アジア太平洋系社会の支援団体、ACRSの発足に携わるなど、現在までのコミュニティー活動にも生きている。  図書館は「本」以上の意味を持つという。テクノロジーが発展し、本やメディアなどを探すのは容易となった。だが「コミュニティーの集まる場」という存在で変わることはない。高齢者にはコンピューターの指導、子供にはストーリータイム、小さなビジネスを営む人々へのワークショップ、移民者への生活のすすめ――。「図書館は地域コミュニティーの鏡となり、反映されたもの」と話す。  地元団体、機関との交流や提携も積極的に行われている。シアトル交響楽団の公開演奏、シアトル・シーホークスの地元試合ではパブリックビューイングも行った。  フジワラ会長は2010年に理事会に選出された。会長は2年目、任期は今年までとなる。図書館の今後として、自らが思い描く企画は数多く、自身をはじめとしたマイノリティー社会の資料貯蔵もその1つだ。ワ州日本文化センターなどとも提携し、一般市民が各マイノリティーの歴史、経験に「容易にアクセスし、学ぶ機会」を増やしたいという。本についても、地元作家に焦点をあて、「コミュニティーが生んだ作家たちに誇りを持ち続けることができるようにしたい」と話す。  現在、フジワラ会長ら役員を中心に、会員増加のキャンペーンを行っている。昨年の同時期、9月の1カ月で1万人増を達成した。今年はさらなる成果を見込んでいる。  現在、図書館カードの所持者は37万5千人以上という。シアトル市、キング郡の人口から見た場合、この数字はどのようなものだろうか。フジワラ会長は「まだまだ少ない。シアトル市民全員にカードを持ってもらいたい」と話す。  詳細は(206)386―4636、もしくはwww.spl.orgまで。     (佐々木 志峰)

1 2 3 78