washington-state-news

マリナーズ、熱戦及ばず    岩隈、敗戦に悔し涙

October 17, 2016 The North American Post Staff 0

 MLBのシアトル・マリナーズは1日、セーフコフィールドでシーズン最終シリーズとなるオークランド・アスレチック戦の第三戦に臨み、8―9の熱戦の末敗れた。シーズン終盤までプレーオフ出場を争ってきたが、敗戦により望みを絶たれた。  2001年シーズン以来途絶えているプレーオフ進出を目指し、負けられない一戦で岩隈久志投手(35)が先発。序盤に援護をもらったが、3回に崩れ、4回途中で降板。チームは粘りを見せて追いついたが、延長戦の末敗れた。  シーズン最終登板の岩隈投手は、「絶対勝つ」との強い気持ちを持ってマウンドに上がったが、つらい結果となった。「気合と空回り、力んでしまい真ん中にボールが集まってしまった。チームに申し訳ない気持ちです」と話し、悔し涙を見せた。  マリナーズでの5シーズン目は16勝12敗で防御率4・12。チーム最多となる33試合先発、199イニング登板でチームを支えた。「ローテーションを守るというのが大きな目標」だったが、「けがなくやれたのは大きな自信になった」と振り返った。  「最終的にはプレーオフを逃してしまったが、みんなとチーム一丸となって大事な試合を戦えたことは良かった」とし、「この悔しさをバネにまたひとつ大きく成長していきたい」と語った。   マリナーズは翌2日も敗戦、86勝76敗で終え、プレーオフまで3勝足りなかった。チームは一時の低迷から着実に復調を見せ、プレーオフ進出を狙えるチームに変わりつつある。一方でプレイオフ未進出はリーグで最も長い15年連続となった。  今シーズン加入の青木宣親選手は118試合に出場、打率・283、4本塁打、28打点。2度のマイナー落ちもあり、序盤は苦しんだシーズンだが、緊迫した後半戦に活躍を見せた。試合後には、「負けてしまったのは仕方ないので、この経験を生かしてまた来年誇りを持ってしっかり頑張っていきたい」と前向きな気持ちを語った。   (松井 貴海)

washington-state-news-290x160

渡嘉敷選手、プレーオフへ弾み シーズン最終戦攻守共に大活躍

September 30, 2016 The North American Post Staff 0

 WNBAシアトル・ストームは16日、キーアリーナでレギュラーシーズン最終戦シカゴ・スカイ戦を88―75で勝利。リーグ7位でのプレーオフ行きが確定した。渡嘉敷来夢選手は14得点を挙げ、守備でも貢献する活躍を見せた。  渡嘉敷選手は第1クォーターに途中交代で入ると、アグレッシブなドライブで得点を決め、得点とファールをもらうカウントで3点を決め、さらに1分以内に得点を追加した。ディフェンスでは相手からファールをもらうチャージングを2回誘った。「いつも通りやることをやりました」と試合後は淡々と答えたが、リオ五輪後はプレー時間も伸び、成績も上昇しており好調を維持している。  2年目のシーズンは31試合に出場、1試合平均出場時間は13分、5・3得点、2・5リバウンド。レギュラーとなった昨シーズンとは立場がやや異なるが、チーム内での役割を実感しながら初のプレーオフに臨む。  プレーオフ第一ラウンドは21日に行われ、敵地アトランタでアトランタ・ドリームと対戦する。第一、第二ラウンドは一試合勝者勝ち上がりのシステムとなる。   (松井 貴海)

washington-state-news

シーズン後半戦開始 渡嘉敷、川澄、宇津木

September 14, 2016 The North American Post Staff 0

 夏季五輪リオ大会が終了、中断していた関連スポーツのシーズン終盤戦が幕を開けた。8月26日には、女子バスケットボールのシアトル・ストームがロサンゼルス・スパークスと対戦。日本代表の渡嘉敷来夢選手は約12分プレーし4得点だった。  渡嘉敷選手は途中出場の前半、ピックアンドロールをうまく利用し得点を決め、試合後半でも外からのミドルシュートを決めた。チームとのコミュニケーションも良く、勝利に貢献した。  今回の五輪で多くのことを学んだという渡嘉敷選手は、まだ気持ちの整理ができていないというが、まだ先の2020年の五輪東京大会ではメダルを狙う意気込みも見せた。  女子サッカーで川澄奈穂美、宇津木瑠美両選手が所属するのシアトル・レインFCもシーズンを再開。27日にポートランド・ソーンズを3―1で破った。      (松井 貴海

resize0408

シアトルスポーツナビゲーター「逞しさ増す日本のエース、シアトルの“顔”に」(8月20日号)

女子プロバスケットボールWNBAのシアトル・ストームは16日、本拠地キーアリーナで行なわれたサンアントニオ・スターズ戦に72―63で勝利した。先発出場した渡嘉敷来夢選手は、13得点9リバウンドと躍動。実に3週間ぶりとなる地元での勝利に大きく貢献した。(写真=シアトル・ストーム提供)

1 2