第2回ビジネス・ラウンドテーブル 日米、女性の社会進出の推進

日米の女性の社会的地位向上を考えるパネルディスカッションが9月21日、ベルビュー市舎で開催された。現代社会の中で日々女性が直面している課題について協議し、女性の活躍促進の支援をテーマに意見交換が行われた。
 基礎講演者はプルデンシャル・ファイシャル社の法令順守担当兼ヴァイス・プレジデントのローヤン・K・ドイ氏。ビル&メリンダ・ゲイツ財団のジル・ニシ氏が司会を担当、パネリストにはマイクロソフト社のウィンドウズデバイス販売担当部長のマーガレットアラカワ氏、マイクロソフト本部長ティサ・ジャクソン氏、東レコンポジット米国副社長で最高技術責任者の小田切信之氏が参加した。
 ワ州日米協会とシアトル日本商工会によるイベントで、昨年3月に開催された同様のテーマで第二回目の開催となる。日米両国の抱える課題や、女性の職場進出とワシントン州の経済成長の関係性、女性の出産後の社会復帰の日米間の違いや、日本における男性の仕事と子育ての両立についてなどが語られた。現在日本で話題となる育児に積極的にかかわる男性を指す「イクメン」という新しい言葉にも触れられた。
 ドイ氏は昔と現在の日本社会における女性に対する扱いや、女性の社会復帰に関する男性による思い違いについて語った。女性は子供を持つことで退社、家庭に入るべきと考え、女性も同様の考えがあると思われがちだが、実際は社会復帰を望む女性が7割を超えており、日本の男性はこの違いを理解するべきと語った。また最近日本に訪れて良くなった点として、男性雑誌コーナーに車、カメラ、写真集の中に新しく「イクメンコーナー」が置かれているのを目にし、着々と女性への理解が深まっているとも話した。
 アラカワ氏は家事と仕事の両立、夫の子育て支援について自身の生活ライフを話し、会場は終始和やかなムードだった。まだまだ改善点はあるが、日本において着々と女性の社会進出と女性への理解が進んでいるように見えた。    
   (松井 貴海)