シアトル石垣プロジェクト 3

 僕は結構早くから、自分の役割は「情熱馬鹿(Passionate fool)」であることに気がついて、それに専念した。これはそうしようと思ってやったのではないのだが、どうも僕が情熱的に人に石垣プロジェクトの事を話すと、「ああ、頼りなくて見てられないから、いいよ。じゃあ、これは私がやっといてあげるよ」とか、「能力が情熱についていっていないね明らかに。しょうがない、このことは任せておいて」と言う風に人が手伝ってくれるのであった。能力がないから得した珍しい例ではなかろうか。
 窪田ガーデン理事長のジョイ・オカザキも資金集め等で「情熱馬鹿」が必要なときは連絡してきて、「ほれ、お前の得意なあれやれ」と僕に話をさせてくれるのであった。
 おかげで、いろいろな人たちに会い、いろいろな集まりやパーティーにも行った。シアトルの市長にも会い、日本領事ともお話ししたし、有名無名の資産家達にも会った。ともかく話を聞いてくれそうな人がいると訪ねていって話した。
◇ ◇ ◇
 日本の伝統的な石割の道具である「飛び矢」という鉄製の楔を使って1㌧の石を割ってみた。他にもっと簡単で手間がかからない石の割り方があるのだが、「飛び矢」はワークショップで使うので、慣れておかなければならなかった。ビギナーズラックで初めて試したときに上手くいき、興奮して有頂天になって割った写真を沢山撮ると色々な人に送った。
 その写真と熱にうなされたかのような熱い文が、シアトル・タイムズ紙のアラン・バーナーという記者のデスクにたどり着いた。アランはすぐに電話してきて、取材をしていった。それがローカル欄の一面に載った。載ったその日に招かれていたパーティーに行ったら、知らない人から知らない人に紹介されるというなんともシュールな経験をした。それは、朝新聞を見た人が僕に気がついて、自分の奥さんとか知人にこう紹介するのだ。「ほら、この人が新聞に載ってたローカルアーティストだよ。ああ、こんにちわ、これがうちの家内のジェーンです。よろしく」といった具合であった。
 日系の小柄なおじいさんがすすっと寄ってきて「もう声聞いた?彼らはもう話してきたかい?」といきなり聞いてきた。
 「はっ?誰がですか?」
 「彼等だよ。やっぱりアメリカの石だから英語で話すの?」
 これは僕が新聞のインタビューのときに、
「粟田家の人たち位になると石の声が聞こえるそうですよ」とか何とか言ったのを覚えていたらしかった。
 「ああ、まさか、僕にはまだまだ話してきてくれないですよ。何語でも」
 小柄なおじいさんと二人で大笑いしてしまった。
 流石に高年齢の方達ばかりだったが、まだ新聞を読んでいる人たちがこんなにいるんだな、と感心したのを覚えている。
◇ ◇ ◇
 ゲリー・トンプセンというドキュメンタリー・メーカーの人も知人の伝をつたってこのワークショップの事を知り、ドキュメンタリー用のビデオを撮ってくれる事になった。まだ資金のことはまったく考えてもいなかったのだが(当たり前にあてもまだなかった)、ゲリーは、「いいよ、お金は出来たときで」、と言ってくれた(ワークショップから10カ月後に資金が手に入る事になる。それまでゲリーはただ働きだった)。
 ゲリーは資金集めなどでみせる短いプロモーションビデオを何本か撮ってくれた。もちろん、言いだしっぺの僕がメインに登場するビデオなのである。僕も人前で宣伝とかあまり得意ではないのだが、この際構わなかった。自分の切り売りでも身売りでもなんでもドンと来い、そういう感じだった。
 そんな事を2年近くも続けた。
 そして、2014年。
 夏。
 とうとうワークショップが現実したのであった。
(続く)
(児嶋 健太郎)