女子サッカー、レインFC 宇津木、川澄2選手加入 7月からリーグ戦出場へ

 シアトル・レインFCへの復帰が決まった川澄奈穂美選手。                 北米報知アーカイブ

米女子サッカーNWSLのシアトル・レインFCに日本選手2人が加入する。2日に日本代表のミッドフィールダー(MF)宇津木瑠美選手(27)、16日にはフォワード(FW)の川澄奈穂美選手(30)の獲得が発表された。

 宇津木選手はフランス女子サッカーリーグ、モンペリエHSCからの移籍。在籍6シーズンで101試合出場19ゴールを記録した。移籍に際し、「女子サッカー世界一の米国でプレーすることが夢でした。シアトルレインFCは若いチームでありながら高いポテンシャルを持っているチーム。加入が楽しみです」とコメントを寄せている。

 川澄選手は2014年シーズンにレインFCでプレー。2年ぶりの古巣復帰となる。同シーズンでは9ゴール5アシストと活躍、リーグのベストイレブンに選ばれた。当地コミュニティーでもジャパンナイトを開催したことは記憶に新しい。

 川澄選手は、「シアトル・レインFCに戻ることができてうれしい。チームのために全力を尽くしたい」と語っている。

 チームのローラ・ハービー監督兼ゼネラルマネージャーは、昨年のカナダでのワールドカップ以来、宇津木選手に注視してきたという。「プレッシャーのかかる場面でも選手、対戦相手に関わらず、高いパフォーマンスを見せていた」点を高く評価。けが人の多い中盤、守備の穴を埋める存在として期待する。

 川澄選手は14年シーズンで指導しており、「前回もチームに大きな影響をもたらしてくれました」と能力と経験を高く評価する。 

 レインFCはリーグで、2年連続準優勝。ゴールキーパーのホープ・ソロ選手やMFキム・リトル選手らスター選手も所属している。一方、今季は苦しい戦いを強いられており前半戦終了時点で6位。日本選手の補強獲得で後半の巻き返しに期待がかかっている。

 シーズンは五輪期間で1カ月の休止があり、9月半ばまで。レギュラーシーズンの地元試合は7月から5試合。川澄選手は6月中に渡米しチームに合流、7月2日、シアトルメモリアルスタジアムでのボストン・ブレーカズ戦で出場を予定。宇津木選手は7月9日に敵地で行われるウエスタン・NY・フラッシュ戦が初戦となる見通し。

 マリナーズの岩隈久志、青木宣親選手、女子バスケットボール・ストームの渡嘉敷来夢選手に続く日本選手の加入に、近夏の当地のプロスポーツは、コミュニティーの応援で盛り上がりを見せそうだ。 

 レインFCの詳細はwww.reignfc.comまで。

   (竹田 優香