三菱特別講演 隈研吾氏が語る日本のサステナビリティ

ワシントン大学日本研究学科による三菱特別講演が13日、14日に開かれる。日本から建築家の隈研吾さんを招待。2020年という近未来へ向けた、サステナビリティをテーマとした建築のあり方について考察、解説する。

 隈さんは2020年の東京五輪主要会場となる新国立競技場の建設を担当する。ノースウエストではポートランド日本庭園で建設が進む文化センターを担当している。三菱特別講演は今年、東日本大震災から5年目ということで、震災から近い将来までの日本の姿を考察。サステナビリティをテーマに講演とパネルディスカッションのシリーズを続けている。

 詳しくはhttp://depts.washington.edu/japan/eventsまで。 (N・A・P)