dscn1046

私の東京案内 9    月島と佃島 1

October 17, 2016 The North American Post Staff 0

 晴海通りを歩き、築地市場や浜離宮方面へ曲がらずそれをまっすぐ行くと、勝どき橋がある。渡ると月島と佃島がある。墨田川に架かる橋は今はいくつもあるが(江戸時代にはなく、そのため大火の際には川で人が多く溺れ死んだとか)、この勝どき橋が最南端の最後の橋である。大正15年に竣工したときは開閉式でずいぶん話題になったという。子供の頃、この橋を遠くから見に行った記憶がある。昭和45年に今のようなただの石の橋になった。  月島は埋立地、明治になってからできた地である。その後、東京都の人工島はさらに増え続けたが、そのひとつに朝潮運河をへだてた場所の「晴海」がある。そこは遠方まで行く客船のターミナルがあるだけであまり活用されていないが、2020年予定の東京オリンピック時にここに選手村ができるとか。どんな所かと興味をもって行ってみたが、海際には鉄網がめぐらされていて何もない。ここに来るのは船に乗る人だけなのだろう。  月島はそうではない。銀座や新橋が近いので、通勤には歩きでも、急ぎならスクーターでも充分。銀座には住宅地やアパートはまずなく、あったとしても家賃がばか高い。住宅地でも商業地でもある月島には、銀座と違って、人びとの24時間の生活がある。月島の隅田川よりには高層のマンション(コンド)が並んでいるが、「ウオーターフロント住まい」と謳い、一時さかんに宣伝されていた。月島の北端に位置する面積のごく少ない佃島も同様で、先端を遠くから臨むと長い鉛筆が立ち並んでいる感がある。  月島の商店街には「もんじゃ焼き」の店がいくつもある。その地の名物ということで、遠方から足を運ぶ客も少なくないとか。小麦粉の生地にえびや烏賊、それに野菜を刻んで入れて鉄板で焼きソースをかけて食べるが、客がそれぞれのテーブルで自分で作るところがみそのようだ。材料も何も手軽なわりにお値段が張るのはどういうわけかとわたしは思うし、それが月島とどう関係するのかはわからない。しかし、月島はもんじゃ焼き、と東京の人は思うらしい。  この人工島の真ん中を走る大通りをひとつ脇に入ると、そこに建っている家は木造が多い。そして路地もある。ここには米軍は焼夷弾を落とさなかったからだが、昭和期に建った家がすきまなく細い道をはさんで並んでいる。人がやっとすれ違えるほどの幅の道があり、それに向けて玄関が並んでいる。家と家は壁ひとつで隔たれているだけであり、玄関前に置かれた鉢植えの間を猫がのんびり歩いてたりする。  東京にはあまり見られなくなったこの「長屋」という住居形式が月島には今も存在する。月島は工場や市場などで働く下町の人びとの住居のあった所だが、今も庶民の住む街という感がある。戦前の東京にはこういう「長屋」はあちこちにあったし、今も墨東の下町地区には多少残っている。隣人が誰であるかも知らない今の高層マンションの暮らしとは対照的な環境だが、こういう長屋の住民たちは毎日隣人と顔をあわせ、庭がないから子供たちは道端で遊んだものだ。良くも悪くも人との付き合いが濃厚になる。こんな住み方を大都会の日本人がしなくなってから久しい。日本橋人形町を歩くのに似て、月島の中心部には失われた時と生活が息づいているようだし、もんじゃ焼きは、まだ海外進出をはたしていないようだ(と思う)から、それを試食かたがた長屋の路地を歩いてみるのも面白いだろう。    (田中 幸子)

1 2 3 206